海外

2015年10月16日

台北遠征④ -感想-

台湾の記事は今回でお終いです。あくまで個人的な体験、感想が中心になりますが、台湾でナンパをする際に参考となる情報を記載します。残念ながらちゃんとした考察、戦い方、分析はほぼ出来ておりません。ご指摘・ご意見がございましたらご教示頂けましたら幸いです。(観光、食事についても書こうと思いましたが、大したことが書けなさそうなのでやめておきます。)

 


●クラブ
・クラブ情報

-クラブは101近くの信義区に固まっている。そのあたりをウロウロしていたらメジャーなクラブは全て見つかる。
http://www.taiwannights.com/en/clubs/city/taipei

(英語のサイトだが様々なクラブの情報がある。)

-チャラ箱のLavaとbabe18では音楽は基本的にオールジャンル。日本の箱よりはEDMは少なく、Hip hopが多かった。


-3大チャラ箱?Room18、Lava、Babe18の違いは価格に比例するのではないかと思う。

このブログを書くために調べたところ、以下のようなイメージとなった。

・価格
Room18>Lava=Babe18
曜日により価格は異なるが、Room18はエントランス+2ドリンク、LavaとBabe18はフリードリンク。

・年齢層
Room18>Lava>Babe18

Babe18が最も若く、18歳になったばかりの大学生も多いそう。あまり箱内で女の子と話をして確認したわけではないが、基本的に学生向けのクラブのよう。

・キレイさ/内装/雰囲気
Room18>Lava>Babe18
Babe18が一番カジュアル。Lavaもカジュアルだが、Babeより少し落ち着いているか?Room18は高級感があり、照明・音響のクオリティは高いらしい。MystやOmniなどのハイエンドのクラブに比べると劣るが、日本のクラブと比較したらかなり良い雰囲気かと思われる。

・ナンパ難易度

1度行っただけでは正直わからなかった。自分の雰囲気に合う箱、日本で得意な箱と近い箱に行くことが一番上手くいく可能性が高いかもしれない。独断と偏見で東京と大阪の有名箱と比べると、以下のようなイメージになるかもしれない。

Room18≒V2、Cheval
Lava≒Muse、Giraffe
Babe18≒Bambi、Gas panic、Atom


-Lavaのパフォーマンス、コンテストは楽しい。

女性のダンサーが衣装を変えて何度も出てきて踊っていた。かなりレベルが高いと感じた。海外・日本のクラブでもダンサーを見る機会はあったが、白人がメインでセクシーにストリップ風?に踊っているだけ。(大阪であればMaharaja、Piccadilly)

Lavaのダンサー達はガチのダンス経験者だと一目でわかった。しかも皆台湾人でセクシー。男の食いつきがすごかった。僕の相方はほぼ踊らずにガン見していた・・・


-MCが仕切るコンテストも楽しい。

音楽が完全に止まり、お立ち台には照明が当てられ、カップルが前へ出る。彼氏が彼女を抱きかかえて、彼女が彼氏にビールを飲ませる、その一気飲みの早さを競うコンテスト?らしかった。


-ドリンクが飲み放題のため列は非常に混雑しており、事前にある程度飲んで入る方がベター。
場合にはよっては列に20分ほど並ばなければいけない。その間はダンスも声掛けも何も出来ない。お酒を飲む方はある程度酔っ払って入る方がベター。

-ドリンクをおかわりする際はグラス交換制となる。

無くした場合には追加でお金を支払う必要がある。飲み終わった後にはリストバンドと交換出来る。(Lavaでは出来た。Babe18はわからない。)そのリストバンドをカウンターで渡せば、次のドリンクがゲット出来る。

ドリンクを飲んだ後、フロアで踊るためにはこのリストバンドはありがたい。初めはそれを知らずにグラスを持ってウロウロしていたら台湾人の男性が教えてくれた。



・クラナン

-基本的に男性の比率は日本より圧倒的に高く、案件が少ないためしんどい。

男女比率は9対1くらいだったかもしれない。結果として案件の数が少なく、ナンパの難易度も上がる。御子柴さんのブログ等で、台湾のクラブナンパはイージー、という印象を持たれる方もいるかもしれないがそう簡単ではない。台北でクラナンをするにあたっては、日本のクラブである程度結果を出せる、英語でコミュニケーションがとれる、この2つの条件はクリアしていることが望ましい。

-テーブル席を予約する方がナンパには有利か?

十分な広さのフロアはあるが、テーブル席は日本と比較するとかなり多い。箱内で酔っ払って、楽しくナンパをするにはテーブルを予約する方がベターだと感じた。費用について調べてみたが、HPに載っている情報をすぐに確認することは出来なかった・・・恐らく直接クラブへ電話して、問い合わせ、予約する必要がある。

-テーブル席では男女のグループが多く、その攻略はアプローチ数を増やす上で課題となる。

女性だけの案件はかなり限られるが、テーブル席には男女のグループが多数いる。フロアの女性だけの案件数は非常に限られてしまうため、理想としてはテーブルのグループに突っ込んでグループごとオープンし、女の子をセパすること。しかし相当のノリ、キャラ、語学力、様々なスキルがないと相当ハードだと思われる。


-台湾人の男性は基本的に紳士。

日本だったら激しくブロックされる、どつかれるような状況でも敵対的な態度をとられることはなかった。ケンカも一切見ていない。セキュリティーが男性に注意をしている場面もあまり見なかった。女の子の意思を尊重している姿勢の現われなのかもしれない。正直なところ、残念ながら日本のクラブの方がレベルが低いと感じた。

-女の子と会話がスムーズに出来るよう、音量の小さいスペースへ誘導する必要がある。

英語での会話はフロアではほぼ不可能だった。カウンター、通路等では相手の語学力にもよるがギリギリといったところ。フロアではダンス、翻訳アプリ・英語の文面を示す等で声掛けをして、出来る限り早く会話の出来るスペースに誘導する必要がある。


-クラブへのアクセスはタクシーが基本かと思われる。

雰囲気としては3時を過ぎたあたりから箱の中、街から少しづつ人が減り始める。5時を過ぎると泥酔している人、それを介護する人が地面に座っているカオスな光景となる。始発を待っている人達がいるかは、正直わからなかった。

 

●スト

-女の子をビビらせるだけに終わり残念な結果だった・・・

時間は19時-20時頃。女の子達はあまりナンパ慣れしていないため、普通に声掛けをするよりも、ガイドブックを利用した間接法の方が良いはず。声を掛ける時間、場所、相手のタイプ、自分のタイプで最適な声掛けは全く異なってくるだろう。

-クラブ街での深夜ストは楽、LINEゲを量産出来た。

「旅行で来ているんだけどさ、どこのクラブ楽しい?」といった簡単な質問でオープン出来た。そこから和み、食いつきを上げるには話はまた別だが、LINEは簡単にゲット出来る。



●ネトナン

-台湾でのゲットのためには、Tinderのパスポート機能を使って事前にアポを確定させておくべきだった。
無料の1日分しかスワイプしていないが、日本をはるかに上回るマッチング率だった。早々にLINEに移行し、和み、アポを確定させる方が、結果が出やすいはず。


●連れ出し先

-クラブ街では気軽に連れ出せるようなカラオケ、バーを見つけることが出来ず、事前のリサーチ不測が悔やまれる。

1日目に行ったのはパーティーワールドというカラオケだった。よくよく調べてみると有名なチェーンだそう。クラブを出た後に一件挟む必要がある場合、ストから連れ出す場合には有効な選択肢となるはず。

http://www.cashboxparty.com/

(中国語のサイトしか見つからず・・・)

-多くの人がクラブ前にバーへ行くために、多くのバーが3:00には閉まる模様。

このブログを書くためにネットで簡単にリサーチをしてみたが、コレといったバーは見当たらない。その中でも4:00まで空いていそうなバーを選んでみた。しかし、クラブ後の連れ出しでは非常に空いているのではと思う。

・1001 Nights Hookah Lounge Bar

http://www.taiwannights.com/en/bar-lounge/1001-nights-taipei-1185

シーシャバー。ダンスフロアもあるため12時を過ぎるあたりから盛り上がる?


・Brown Sugar

http://www.taiwannights.com/en/bar-lounge/brown-sugar-taipei-152

R&B、Jazz、ロックのライブミュージックがあるが、口コミを読むと音楽は12時には終わる?


●ホテル

-宿泊したアットブティックホテルはオススメ出来る。

御子柴さんのブログでも紹介されていたホテル。クラブ街から近い(徒歩10分)、フロントを通らずに女の子を連れ込める、キレイ、部屋によっては窓から夜景も見られる、と素晴らしいホテル。

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/108501/108501.html
アットブティックホテル

-4人まで宿泊可能、部屋でパーティが可能なコーナーハウスもオススメ。

寝室が2つあり4人まで泊まれる。そしてリビングがとキッチンもあるため、部屋でパーティーをやる、女の子を連れ込むなら絶好の環境。クラブ街まで車で10分というのは少し微妙。そして女の子を連れ込めるホテルか不安ではあるが、そこさえクリア出来ればとても楽しいホテルだと思う。

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/135642/135642.html
コーナーハウス


●アイテム

-お菓子

使う機会はなかったが、ホテルへ誘導するきっかけとしてお菓子は用意していった。100円ショップで適当に買っていたが、今更ながら調べるとブラックサンダーが一番人気らしい・・・

http://www.taipeinavi.com/special/5051422

-ハチマキは諸刃の剣になる。

クラトロさんのパタヤでの写真に影響を受けて、Amazonで購入。街中で着けてみたが、リア友はドン引き。台湾人もドン引き。ふざけナンパの実力、おいしくイジってくれる仲間がいないと諸刃の剣になる。1組だけ好反応を得ることが出来た。
ハチマキ
 
-光る棒の反応はいい、光りものを身につけ、グループで踊ればかなり有効だと思う。

反応は良かった。クラブ内で光り物を着けている人はいないので、間違いなく目立つ。グループ全員で身につけ、ハデに踊っていたら日本以上に男女共にオープン出来ると思う。

今回買ったのは棒のタイプだったが、手首に巻くタイプがベターだと思う。オープンした女の子に着けることが出来るし、放流した後にも会話のきっかけになる。
光る棒

-翻訳アプリはあまり使わず、スマートフォンに英文を打ち込み会話をしていた。

無料のエキサイト翻訳を使ったが、精度が悪いのか、見せてもあまり反応がよくないと感じた。

英語で簡単な文章を入力して、直接見せる方が会話はスムーズであった。


-Wi-Fiルーターは必須。

日本でレンタル。2泊3日で3,000円ほど。現地での相方との連絡、LINEゲ、アポ調整のために必須。但し連続使用で4時間ほどしかバッテリーが持たないため、バッテリー切れが怖い。またオンオフも面倒くさい。海外によく行く方であれば、SIMフリーのスマホ購入が一番だと思う。


ブログのためにまとめることで、どのような課題があるのか何となく見えてきた気はします。ゲームに勝利するためには、日本でのスキルを向上させること、現地の状況をより理解すること、事前にネトナンで食いつきの高いアポを設定することが重要だと思いました。

台湾へは必ずもう一度行こうと決意しております。悔しいままでは終われません・・・もっと楽しみたいです。ご一緒してくださる方がいらっしゃいましたら是非とも宜しくお願いいたします。共に台北で楽しい夜を過ごしましょう。



at 10:11|PermalinkComments(0)

2015年10月13日

台北遠征③ -2日目のクラナン LAVA-

2日目


昨日 LINEゲした子ら全てにアポ打診をしてみた。

特に反応が良い子が 2人いた。しかし1人は金曜のオール明けから土曜日仕事のため眠いからダメ、もう 1人は地方へ旅行に行っておりダメ。クラブだけで戦うことが決定した。


20:00

クラブにはまだまだ早い時間のためストを試してみる。特に深くは考えず、楽しめたらと思い 2人組に「ワンシャンハオ(こんばんは)」と声をかけてみる。日本でもストナンは本当に苦手のため、初めの声かけはかなり緊張していた。 反応は最悪だった。ガンシカですらない。



「この人は何?アタマがおかしい人?え・・・どうしよう。」



2人は「信じられない」という顔をしている。お互いに視線を合わせ一瞬だけ目で語り合った。そして何も言わずに去っていった。 一番嫌な反応は罵声を浴びることだと思っていたが、本気で驚かれるとそれ以上に辛かった 。


何回か声をかけるも、反応は似たような感じだった。・・・あまりにもナンパする人がいないのか、外国人が急に声をかけてきたから怖がらせてしまったのか、声掛けがあまりに不自然なのか・・・

理由は恐らく全てだろう。相方は非ナンパ師のため、二人とも心が折れて退却。夕食をとり、ホテルへ帰り出撃に備える。


12:00

クラブ街へ。この時間がずっと待ち遠しかった。昼に起きた時から、常に悔しさが胸の中にあった。悔しさを晴らすためには楽しむしかない、結果を出すしかない。


クラブはLavaを選択した。 babe18、 room18、 Lavaの有名チャラ箱が候補であった。
それぞれにどのような違いがあるのか正直わかっていなかったが、昨日の babe18は混みすぎ、男が多すぎたために選択肢から除外、残る lavaと babe18では何となく だがlavaを選んだ。

箱に入ったのは 12時頃。「混みすぎではしんどい。」不安を抱きつつ箱に入るがそこまでの人ではなかった。しかしやはり男が多い。

ドリンクの列はさほど混んでなく、相方とお酒を飲み、踊り、声をかけ始める。箱の中ではなかなか会話は出来ず、スマートフォンの画面を使った英語の会話になる。オープンは出来るのだが、全く刺さらない。

6組くらいには声をかけたが、刺さらない、会話が盛り上がらない、そしてフリーの子らへの声掛けは終わってしまっていた。


2:00

箱の外へ出ることを選択。「また昨日と同じ国際交流になるのではないか?」そんな危惧もあったが出る。 やはり外はやりやすい。オープン率は高い、そしてオープンした場合にはほとんど英語で会話が出来る。

ネタナンとして光る棒を用意していた。 Amazonで 100本購入し、相方と2人で3 0本ずつパンツのポケットに突っ込んでいた。

「 This is a Souvenir from Japan」などと笑いながら渡すと反応は良い。

赤、緑、青の 3色を用意して、「ジェダイ派、それともシス派?ちなみに僕はマスターヨーダの緑ね。」と訳のわからないスターウォーズオープナーを試してふざけるなど、かなり楽しかった。

正直あまりウケは良くなかったが、ネタがわかると皆笑ってくれる。ノリのいい子とは「ヴォーン」と言いながらチャンバラをしていた。 ふざけナンパは本当に楽しいがLINEゲばかり。


周囲にバーがなく、連れ出せないことがとても悔やまれた。
ストで和んだ子らがどこのクラブに戻るのかわからない、そして別の箱に行きエントランス料を改めて払うことは相手に合わせすぎており、適切な態度とは言えないと感じていた。

帰る予定の子の場合、クラブへ戻ろうとは言いづらい。そしてそもそも箱内では会話があまり成立しないため、クラブ内に入ったところで今以上の和みが出来る自信がなかった。


理想はストで和み、バーへ連れ出し、自然にセパレートして、仕上げることであったが、そうはいかない状況だった。タクシーに乗り、バーのあるエリアにすぐにでも連れ出すことが出来ればまた違う戦い方が出来たのではないかと思う。


3:00

「このまま外にいても昨日の二の舞になる。」そう思い箱の中に戻る。 12時と比較すると人は減っている。ソファーで寝ている人もちらほらいる。肝心の女の子の数は少ない。しかし人の入れ替わりはあるのか、声をかけていない女の子はいた。


ソロの子がいたので迷わず声をかける、かなり酔っ払っておりテンションは高い。オープンし、フロアで少し踊る。踊り方がチャラい、腰に手を回してもまったく問題ない。
自分が刺さっている状態ではなかった、パリピか即系か判断はつかなかったが、いずれにせよこの子を口説くことを決めた。


フロアでは全く会話にならないため、バーカウンターの方へ手をつないで誘導。
ハンドテストはクリア、しっかりと握り返してくる。飲み放題のため、お互いにドリンクをゲットして和む。そこから先は日本のクラブと同じ様に対応出来た。自己開示して、相手をいじりつつ好意を伝えて、共感して。

彼女は 18の大学生、台湾では 18から飲酒、クラブ入場が可能なことは知っていたが、まさか引き当てるとは予想していなかった。クラブ内の照明ではあまりわからないが、確かに若い。身長は 160ちょっと、細身、薄顔、まさに僕のタイプだった。


反応が良すぎる。ただの酔っ払いか、刺さっているのかよくわからない。キスクロージングを掛けてみる。


「そんな見ないでよ、魅力的だからキスしたくなっちゃう。本当はそんな軽い男じゃないんだけどな。」


英語だとこんふざけた台詞も言いやすい。身体を半歩後ろに引いて、相手の目を見て言う。 反応は笑っているだけ、視線は外さない。僕が顔を近づけても背けない。そのままキス。ディープキスも抵抗なし。


「待って待って、早く進み過ぎだって」



一旦はペースを抑えて再度和む。彼女のことをもっと知りたい、とても魅力に感じていることを伝える。


「ちゃんと話せるよう外へ出よう」


提案は通った。勝利が近づいたことの喜びが抑え切れなかった。感情が高まる。


通路で休んでいる相方に、


「俺出るから!」


彼にそう報告した際、自分のことのように本当に喜んでくれた。

そして僕の目を正面から見据えて言った。


「 3Pしよ!!」


ただのゲスだったことを改めて思い出した。



ロッカー前まで来たところまさかの鍵グダ。内心焦りながらも、平気な顔をして友達を探しに行くことを了承する。箱内を歩き回るがいない・・・


「台湾のクラブは出入り自由のため、友達はもしかしたら箱を出て外にいるのかもしれない。そして後で箱の中で合流する予定かもしれない。その場合箱内で見つかるわけがない。まずい。とりあえず連れ出すか?後で友達と合流することを約束させて?タクシーにはどう乗せる?」



内心の焦り、結果を出したい必死さが伝わってしまったのだろう、 2度目の連れ出し打診が断られた後、彼女は別の男と踊りに行ってしまった・・・ 敗北が決まった瞬間だった。


この後は外に出て、相方と何組かに声をかけ、 LINEはゲットしていた。クラブに来るには信じられないファッションのロリ系を見つけてイジったり、タクシーを捕まえるためにダッシュをして女の子を押し込んだり、日の丸鉢巻を巻いて遊んだりと ふざけまくっていた。


5:00

箱内で和んだ子 を見つけた。別れる直前には冷たい態度だったが、今は非常に愛想がいい。


「友達を見つけた?」と聞いたら、一緒にいるあまりにもイケてない男 3人と一緒に来たらしい。「どういう繋がり?」と聞いたらクラブの友達だそう・・・


「いやいやいやいやいや、絶対におかしい。君達明らかに年齢違うよ、それに容姿のレベルもあまりにも違いすぎるって、どーいう友達なんだよ!?」突っ込みたい気持ちを抑えつつ、そこは笑顔で男性らとも会話をして、解散した。


訳がわからなかった。ただでさえ死ぬほど悔しかったのに、モヤモヤがそこに加わった・・・


6:00

ホテル着。フライトは午前中のため 2時間ほどしか寝る時間はない・・・ 結果は出せなかったが、やりきった達成感、何とも言えない心地よい疲れがあった。 


11:00

日本へ向けて飛行機が離陸した。



at 13:00|PermalinkComments(0)

2015年09月20日

台北遠征② -1日目のクラナン Babe18-

こんにちは、Barneyです。

 

初日の出来事を時系列で書いていきたいと思います。


18:00
早々に仕事を切り上げ、慌しい足取りで関空へと向かっていた。フライトは21時のため余裕はある。しかしながら気持ちに余裕は全くない。

 

「早く台湾に行かなくては、台北の空港について入国審査を通り、タクシーに乗り、ホテルに着いて、身だしなみを整え、クラブへ着くころにはもう1時を過ぎてしまう!!」

 

焦っても何も状況は変わらない、しかし気持ちは焦るばかりであった。

 

17:30

リア友と関空で合流、クラブの経験は多少あるものの、ナンパの経験はない。ナチュラルモテでもない普通の男だ。しかし学生時代から海外での経験は豊富であり、外国人童貞も既に卒業している。昔と同じように楽しく話をしながら、今晩の計画を立てていた。

 

「クラブにインするのが1時でしょ、雰囲気楽しんで、踊って、テンションが上がったらナンパを始めればいい。3時頃には持ち帰れる。余裕余裕。」

 

搭乗ゲートで周囲を見渡すと、ほとんどが台湾人の様子であった。金曜の夜から弾丸旅行に行く日本人はあまりいないらしい。特に男の二人連れは我々しかいない。既にビールを飲み、楽しそうに今晩クラブへ行く計画を話す我々は間違いなく浮いていた。

 

21:00

飛行機が飛び立つ。機内では睡眠を取り、到着後に備えるつもりであったが気持ちの高ぶりにより中々寝付けない。うつらうつらしている内に飛行機は台北の桃園国際空港に到着した。

 

12:30

ホテルへ到着。宿泊先には御子柴さんのブログに書かれていたアットブティックホテルを選んだ。宿泊階までフロントを通らずにエレベーターで行けるため、確かに女の子を連れ込むには絶好の構造であった。部屋によっては101が見えそうである。(詳細は別記事で後述)

 

「ぜったいにナンパを成功させる。」

 

キレイなホテルのためテンションが自然と高まった、成功を相方と誓いあった。

 

1:00

クラブ街の信義区まで徒歩で向かった。ホテル向かいのコンビニでアルコールを調達。クラブ街までは約10分の距離であったがほとんど人がいない。不安を感じながらも歩みを進めると、クラブ周辺にはちゃんと人がいた。クラブ街への途中、爆音が漏れ出していることに気付く。

Myst、Elektro等の有名なクラブのいくつかが、ショッピングセンターらの複合施設の上層階に入っている。どうやら窓が開いている、テラス席があるようで音がダダ漏れ。下から見上げると非常にラグジュアリーな照明も良く見える。「オシャレな金持ち箱へも行きたい」と思いつつも、チャラ箱であるbebe18へ向かった。 

 

少し歩いたところでbebe18を発見、見たところごく普通のクラブ。期待に胸を膨らませながら入った。

 

御子柴さんのブログを何度も読んでいた。御子柴さんが二晩連続で成功した箱、外国人が多く、フロアでダンスをしながらの声かけが向いている箱、まさに自分には最適な箱だと思っていた。

 

しかしながら、その期待は見事に裏切られることになった。
 

実際に箱内の様子を見ると脅威の男性比率。9割は超えていたと思われる。そしてフロアも激混み。ほぼ身動きがとれない状態、踊ることも出来ない。飲み物には長蛇の列、ドリンクを手に入れるのに15分はかかった。

 

日本の箱では、ここまで混んでいる状態を経験したことはほとんどなかった。あまりの混雑さ、男祭りに驚いてしまい、すぐに声かけにうつれない。

 

ドリンクの列での声かけ、フロアでの声かけを行うも反応は良くない。飲み放題を期待していたため、アルコールが入っておらずテンションが上がらない、踊ることも出来ない、圧倒的に男が多い、全く楽しくないのですぐに退店。

 

(babe18について外に出た後、そして翌日にも色々な人に聞いたが、その日はやけに混んでいたらしい。特にイベントがあったわけではなないはず。詳細は不明)

 

2:00

「ダメだ、酒がそもそも足りていない!」

すぐにコンビニを探しに向かう。ビールをあおりながら次の手を考える。

「babe18に戻るか?いや、ダメだ。あの状況では無理だ。」

「ストをするか?通りには座っている女の子達はたくさんいる。」

「行こう!!」

 

相方はクラブ慣れしていないため、ゲームメイクは僕が全て行っていた。正しい判断であったかどうか今だにわからない。しかし残された時間を考えるととりあえず声かけにうつるしかなかった。

 

 

クラブ前の通りにはちらほらと座っている女の子達がいた。GTとある程度似た雰囲気と言っていい。クラブに疲れ外で中の子と待ち合わせをしている子達、クラブへ行く前にドリンクを買って飲んでいる子達、クラブに満足し帰るにはまだ早いと談笑する子達。

 

相方にストナンの経験はない。

 

「あの子達ナンパしてきて!!」

 

指名することで地蔵は克服出来たようだった。僕も相方もこの頃には酔っ払い始めていたので、正確な声かけ数は全く覚えていないがほとんどオープンした。ナンパという感じではない。日本人と台湾人の単なる国際交流。LINEの数だけは稼ぐことが出来た。気付いたら相方はアメリカ人男性とずっと喋っている。

 

意味がわからない。楽しく会話が出来るがチャラい雰囲気はゼロ、連れ出し先もわからない。「LINEを聞いて明日アポれるのか?そろそろクラブへ入りなおすべきじゃないか?」


何をすべきか考えながらも、そのまましばらく声かけ、オープン、LINEゲを繰り返す。楽しくフザケていたら日本人の現地在住の方と仲良くなる。数年住まれている方で中国語も達者、中国語でオープン、和み、LINEゲまでを全て行っていた。僕らの英語での声かけとは女の子の食いつきがまるで違う。

 

彼曰く「あんまり持ち帰りは期待出来ない、LINEをゲットしまくって、もう一回会えばいける。」ナンパ用語は一切使っていなかったが、彼は完全にナンパ師であった。話を聞いている限り、余裕で台湾で二桁はゲットしている雰囲気であった。

 

4:00

在住の彼と3人組の子らをナンパし、カラオケへ行く流れとなっていた。どんな場所に行くのか全くわかっていない。タクシーを捕まえて、初めて会った台湾人の女の子二人と乗り込んだ。

 

「旅は本当に面白い、クラブも面白い、新しい人とこんな出会いがあり、一緒に楽しめるのは最高だ。」

 

カラオケの内装はとてもキレイであった。部屋は大きく、贅沢な雰囲気。各々好きな曲を入れて普通にカラオケを楽しんだ。部屋は過度に大きく、いちゃついた雰囲気、ギラつけるような空気には全くならない。僕の担当は相当酔っており、トイレに行くタイミングでも友達が付き添っていたため、セパレートすることが出来ない。相方と現地在住の彼はこのカラオケで結果を出すことを狙った行動はとってくれない。僕も含め皆相当に酔っていた。

 

「これはもうダメだ。即れない」

 

カラオケの店内はもう閑散としており、他のグループと話をすることも出来なかった。仮に出来たとしてもLINEゲからの準即しか出来ない。

 

6:00

外へ出たらもう既に明るい。女の子達のためにタクシーを捕まえる。「何食わぬ顔して一緒に乗っていく」そんな発想も浮かんだが、今日の11時から仕事らしい。ガチのグダ。それ以上の動きはとれなかった。

 

タクシーに乗りホテルまで5分ほど。どうやらかなり近い場所にカラオケはあったらしい。コンビニで坊主飯を食べる。どうやら悔しいのは僕だけで、相方はたくさんの女の子と話せ、カラオケにも行き、カオスな夜を楽しんだことに満足している様子であった。「台湾にナンパをしに行こう、はしゃごう」そう誘ったのは僕だ。満足している相方の様子を見て素直に嬉しかった。

 

初日が終わった。

 

<結果>

1カラオケ連れ出し、5LINE



at 23:00|PermalinkComments(0)

2015年09月18日

台北遠征① -概要-

こんにちは、Barneyです。 


先日行ってきた台湾遠征についてブログに記したいと思う。


結果は完全なる敗北。


和み、LINEゲは量産したものの、結果には繋がらなかった。御子柴さん、クラトロさんの

ブログを中心にしっかりと予習をしていたが、予想通りとは決していかなかった。実際に行ってみるとわかることが数多くあった。


結果は出なかったが、これまでの数少ないナンパ経験の中で最高に楽しい3日間であった。

外国という環境でリア友と一緒だったこともあるが、本当に刺激的な時間だった。必ず再訪する。そして結果を出す。


今後行かれる方への情報共有、自身の振り返りのためにブログはしっかりと書きたいと思う。

ボリュームが多くなりそうなので記事は分割する、予定している内容(仮)は以下の通りになると思う。


1.目次と概要(当記事)

2.1日目のBabe18でのクラナン

3.2日目のLavaでのクラナン

4.感想


<台湾遠征概要>

●目標
4即(1人で1日に1即をベース、2人×2日×2即=8即の計算でした。)


●結果

初日:カラオケ連れ出し×1組、LINE×5

2日目:DK×1、7LINEゲ×7


●期間

9月上旬 2泊3日 金曜深夜~日曜午前


●メンバー

リア友と2人


●ナンパ場所

台北 シンイーでのクラブナンパ/ストをメイン

初日のクラブはBabe18、2日目のクラブはLava


●費用

-航空券代 25,000円
(関空-桃園 ピーチ利用)

 -宿泊代 25,000円

(御子柴さんオススメのアットブティックホテル)

-交通費 5,000円

(日本/台湾それぞれでの空港間)

-食費 10,000円

-クラブ 8,000円

-カラオケ 8,000円


計 81,000円

(正確に計算したわけではないので、大体のイメージです。)



今後の記事に続きます。



at 19:51|PermalinkComments(0)

2015年08月31日

タイの夏休み⑥ −タオ島 日本人美容子−

昨晩のバー出撃でのアルコールのダメージはなく、翌朝も早く起床。ボートに乗ってダイビングに向かった。
今夜もバーへ行く予定であったが昨日の男4人とはメンバーとは異なり、10人ほどの男女のグループになる見込
みであった。

正直なところ、この大人数では別のグループに話かけて仲良くなるのではなく、身内で盛り上がることが想出来た。そして、外国人を相手にしてコンビを組めそうな相方が見当たらないため、グループの女の子をターゲットにしようと考えていた。グループ内の女の子のため、決して気持ち悪い奴になることのないよう、気軽に、楽しく、かつ真剣にやることにした。

彼女のスペックだが、

27歳、美容、170cm超え、スト7
高身長細身の美人
まさに僕のタイプであり、ストやクラブなら声かけをするのをためらってしまうようなタイプであった。

当日の夜までにも仲良くなり話をしてみると経歴もおかしい。
16からクラブ通い、パリピ、クラバー、VIP通い、海外でも女1人でソロクラ、元ギャル(年齢的に日焼けは卒業だそうで今は色白。)、16からクラブ通い.渋谷でパラパラをやっていた。 

高校生時代はホントのヤマンバ、20代前半はこんな感じのギャル金髪ショート。 
いくら海外とはいえ、こんなブッとんだ女の子に出会えるとは予想していなかった。

ナンパを始める前後を問わず、今までに出会ってきた女の子の中で一番手ごわい相手になるんじゃないかと思った。元彼の話は普通だったが、経歴から察するに相当の変わり者で恋愛経験が豊富だと感じた。 

果たしてこの子を相手にちゃんと戦えるのか、勝算はあるのか?
決して自信はなかったが、挑戦心を掻き立てられる。

「彼女にとってはナンパされることも口説かれることも当たり前のことだ、何も特別なことではない。過去にどれだけのアプローチを断ってきたのか、彼女にとっては口説かれて困ることなんかない。」と思い、チャレンジすることを決意した。

グループ全体での食事を終え、10時頃にタクシーでバーへ向かう。昨日とは異なりグループの人数が多いため非常に盛り上がっている。ビーチバーへイン。
昨日同様にバケツカクテルを頼んだ、そこからはおかしなノリだった。アラサーからアラフォーにかけてのメンバーしかいないはずなのに学生のような一気飲みが始まる。翌朝6時には起きて潜らないといけないメンバーもいるのにガンガン飲む。彼女も酒は相当強いらしくガンガン飲む。

周りと合わせて飲み、その後こっそりとリバース。ビリヤードをしたりシーシャを吸ったり、説教が始まったり、身内での若干の暴力騒ぎもあり、プールに飛び込むなどハチャメチャに盛り上がった。


時刻も12時を過ぎ、周りは相当酔っ払っている。美容子にそろそろ踊りにいこうと言い、周囲とは難なくセパレート。
 

2人になってからは一緒に踊ったり、欧米人と仲良くなり写真を撮ったり、酒を奢ってもらえるように彼女が逆ナンするのを見ていたり、イタリア人のおっさんが、「こいつはおれの女だ、これから一緒に帰るんだ」、と真顔で半ギレしていたから逃げ出したり、EDMを流せとDJにかけあったり、なんやかんやでパリピ同士で楽しく遊んでいた。

マジメな話もしつつ、価値観引き出して、共感して、自己開示して、自分が彼女を魅力的に感じていることも伝える。

しかしながら反応は総じて良くない、見事にスルーされる。こちらからのボディタッチには何も抵抗はないが、向こうからはこない、視線も必要以上には合わせない。

信頼関係は構築出来ている、ラポールも形成されている、こっちは口説く姿勢に入っている。向こうは拒否もしない、肯定もしない、普通に会話を続けられる。
 
冷静に考えれば口説きのプロセスは成立しておらず空周りしている状態。酔い、ビーチバーのテンション、結果を出したいというプレッシャー、疲れで軌道修正が出来ないままであった。
 




気づけばもう3時。翌朝には移動の予定があるためにホテルへ。2人とも同じホテルに泊まっており、目の前はビーチ。「ビーチでもう一杯飲もう!思い出を作ろう」という直球の台詞でビーチへ。
 
がやはりIOIは少ない・・・ハンドテストでは握り返しはなし、アイコンタクトは外される。ダメ元で部屋への打診もグダ。「明日の朝早い、隣の部屋は知り合いの日本人いる」。手を握ってのまぁまぁまぁもダメ。

よく考えれば対したグダではなかったかもしれない。「無理、そういうのじゃない」とは言われていない。一旦引けば崩せたかもしれない。冷静な試合運びが全く出来ていなかった。自分の体力グダと今までのIOIの無さにより、諦めてそこで試合終了。




 
かと思いきや試合は完全には終了してはいない。翌朝には同じ船、バスでバンコクへと帰ることになっていた。





翌朝、睡眠不足と二日酔いでフラフラになりながら起床。朝食はとれるわけもなく死んだような顔で船着場へ向かい彼女と合流。彼女の態度は昨晩と全く変わりない、昨日の最後には「嫌われてもいいや」と思っていたが全く嫌われてない。隣の座席に座り、何時間も話をしていた。

相変わらず彼女からのIOIはない。「昨日口説いたのはすごい君のことが素敵だったからだよ」と話を持っていったら、「あれ、ちゃんと覚えてるんだ」との反応。どれだけポンコツだったのか(笑)。が、それでも彼女とは楽しく話が出来ている。手を繋いでみたら握り返しもしないが話もしない、「手を繋ぐくらいいいよ」。
 
バスは無事バンコクに着き、屋台で2人で食事をとってお別れをした。僕はその後にバンコク在住の友人の家に泊まりに行く約束があった。

彼女とそのまま一緒にいたら上手くいったかもしれない、上手くいかなかったかもしれない。もう一回口説きたい気持ちは強かったが、男友達との約束は反故にしたくない、自分の都合を彼女に合わたら相対的な自分の価値が下がる。そう思いあっさりと別れた。

その後のLINEでの反応は良い。タイミングが合えば恐らく東京で再会出来るだろう。
(その後彼女はソロクラしたらしい、たぶんほとんど寝ずに飛行機に乗り帰国したはず。体力が半端じゃない本当のパリピでした。)    

所感
-はっきり言って悔しい。タイのビーチだった、タイプの女の子でかつ一緒にいて面白かった、4時まで粘った、翌日も和んだ。にも関わらず結果は出なかった。今までで一番本気で取り組んだ気がする。本当に悔しい。 

-正直遊ばれていた気もする。バーから既に口説いていた、セックスに関する話も織り込んでいた、しかしビーチに行くまでグダは発生しなかった。そのグダも正面から嫌と言われたわけではない。
彼女の気持ちとしては、「楽しくお酒を飲んで、まぁ面白い人だし一緒いてもいいかな、口説いてくれるのは悪い気はしないからまぁいいか。」 くらいだったとかもしれない。知らんけど。

-明らかに格上の相手だった。口説きが全て受け流される。海外戦、いうことで割と対等な立場でいられたが、国内で会っていたら完全に最初は萎縮していた。

ファンダメンタルを向上させる、もっとナンパする、もっと恋愛経験を増やす、

容姿の優れた女性をものにしようと思ったら当たり前のことをきっちりやらないといけないと改めて実感。


これにてタイの記事は終わりです。ブログに書きたい内容が盛りだくさんの旅となりました。結果坊主ですがそこそこ満足しています。即れたいたら、満足度ははるかに高いんでしょうけど・・・

日本で基本的なスキルを高めたいと思います。海外で女の子と楽しい時間を過ごそうと思ったら、即れる即れないに関わらず、ナンパのスキルが必須になってくる。

最近では海外ナンパの記事ばかり書きましたが、ナンパは出会いを増やす手段、恋愛の実力を身につける手段で、理想の彼女を見つけて結婚することがゴールなことは再確認しよう。海外旅行やクラブを楽しんで、本当のゴールからちょっ目を背けている気もする。趣味としてはいいんだけどね。

まだこの夏から秋にかけて上海、台北への旅行が待ち受けています・・・


以上 


at 19:06|PermalinkComments(0)