タイのタオ島は有名なリゾートである。タイにはいくつもの島がある中で、タオ島は小さく、まったりとした島である。正直なところ、パーティーやナンパの島ではないらしい。  

(ちなみに、パンガン島ではフルムーンパーティがあり、サムイ島ではいくつかクラブがある。あとは有名なプーケット。リゾートナンパなら絶対こっちの方が良いはず。)
image

ダイビング目的で行ってきたのだが、ビーチバーの概要、ナンパを記したい。(ナンパ記事は次で)

●ビーチバー概要
−場所 
タオ島で1番栄えているサイリービーチにあるビーチバー 

The sunset
https://www.facebook.com/thesunsetkohtao
(上記URLの中にある動画は雰囲気がわかりやすいです)
2015-08-12-00-14-46

−料金 
エントランスフリー
ビール1本80バーツ(320円)

−客層
欧米人98%(アジア人はほぼいない、タイ人もいない)
20代の若者が中心
男女比は7対3くらい

−音楽
いわゆるメインストリームで日本でもお馴染みの曲、そしてハウス
 
−お酒
こんなバケツカクテル、一杯1200円ほど。ウォッカやらのスピリッツにレッドブルやコーラやらジュースを混ぜ込んだ面白いもの。一気飲みすると死ねる。
2015-08-12-23-34-41

−雰囲気
ファイアーダンスがやっており結構盛り上がる。馴染みのクラブミュージックでのファイアーダンスはかなり個人的にかなりアガった。11時を過ぎたあたりから徐々に盛り上がり、クラブっぽい雰囲気で皆少しづつ踊り出す。飛び込み台とプールがあり、酔っ払った勢いで飛び込める。怪我人が出ないか心配になるほど台は高くプールは深い。

−ナンパ環境
欧米人ばかりのため英語が必須。アジアにわざわざ旅行に来ている彼女らは基本的に英語が話せる。
旅先なので楽しく話しかければ簡単にオープンはする。欧米人のPUAやナチュラルモテにとっては非常ににやりやすい環境だとは思う。しかしアジア人にとってはどうかわからない。個人的にはしんどかった、詳しくは別記事で。

以上