バンコクのクラブ Route66に行ってきた。
「クラブ バンコク」で検索すればすぐに出てくる、なかなか有名なクラブらしい。せっかくなので自分なりにまとめてみようと思う。ナンパの方は別記事で書きます。

●概要
−場所
RCA Royal City Avenueというとこにある。
近くに電車は通っておらず、基本的にタクシーで行く。RCAと連呼すれば大丈夫。

−料金
色々なブログを読んだが場合によるみたい。僕の場合は300バーツ(1200円)を払って、同額のドリンクチケットをもらい入場。実質タダ。

−作り
かなり大きく、3つの部屋に別れている。1つがバンド、1つがEDM、最後にHiphop/Pops。そして外のスペースがでっかくある。

バンドルーム

EDMルーム

Hiphop/Popsルーム

外のスペース

写真は非常に見づらいので、以下リンクを貼ります。キレイでイメージが伝わる写真。
http://www.route66club.com/gallery/view/43

バンドは生でのライブ。クラブミュージックの生演奏には初めて遭遇し、個人的にはTitniumが流れた際がピークだった。基本的にテーブル制で立って踊ったりはしない。

EDMはガチ。普通のダンスミュージックが流れている。その日はItalian KidzというレジデントのDJだった。音楽はまさに好みで結構楽しかった。音箱へ行く人はここがオススメ。お客さんはガチのクラバーというよりは、普通楽しんでるパーテイーピーポーが中心。

Hiphop/Popsは一番フロアが広いのだが、テーブルがずらーっと並んでおり、朝の3時になってもそのまま。みんな立ちながら、自分のテーブル付近で踊っている。曲は定番どころばっかりで安定した楽しさ。前の方にフリーで踊れるスペースはあるのだがかなり限られている。せっかく音楽も雰囲気もチャラいのに、非常に残念。

−客層
タイ人8割、欧米人、そしてちょっとの日本人、韓国人。男女比は7対3くらいのイメージ。年齢はほぼ20代。可愛いタイ人もちらほらいるが、そこまでスト高は多くない印象。男は日本人の感覚からすると基本的ににダサめ。たまに見かける日本人や韓国人の方がオシャレ。そして白人のイケメンはやっぱりイケメン。グループで来ている男女が多く、女性の2人組はあまりいなかった気がする。

−ナンパ環境
結果はボウズのためえらそうなことは言えませんが結構難しめだと思う。

二人組がいない、男女のグループが多い、ちゃらいフロアではテーブルが邪魔、英語は通じたり通じなかったり。女の子と話そうと思ったら、同じテーブルの男性に防がれることも何度かあった。自分も男女複数のグループで行って、仲良くなり、連絡先交換して、準即狙いの箱だと思う。ソロやコンビでがっつり戦うのはしんどそう。

とはいえ、オシャレ、めっちゃ混んでて、可愛いタイ人も多く、盛り上がり、音楽も色々楽しめるのでクラブとしてはオススメ!!日本では味わえない楽しさなのでおすすめできます。