jackwesel

Barney's blog

20代後半のサラリーマンの恋愛・クラブ・ナンパのブログ

17 8月

タイの夏休み③ -クラブナンパ バンコク Route66-

10時頃イン。まずは箱内の様子を観察してみたけれどグループが多い、時間が早い、お酒が足りないということで案の定地蔵。

適当に踊ったりフラフラしている内に徐々に盛り上がってきたので声かけを始める。逆4で話しかけてオープンするも会話が続かず放流。基本的に英語はほぼ通じない。なんとか単語とボディーランゲージで盛り上げるもやっぱり無理。

「しんどい」と思いながらフラフラしていたらタイ人からのまさかの逆ナン、と思ったら日本人の2人組からの逆ナン。どちらもバンコク在住の保育士。内1人の旅行中の男性の友達も加わり4人で適当に飲む。

友人男性がいない方(English nameがケリーのため以下ケリー)と和んだ。パリピであり、明らかに良い反応があり、大して聞いてもいないのに元彼との別れをきっかけに深く考えずに大学卒業直後にタイへ来て、ワンナイトを繰り返していることを知った。これはもう彼氏と別れた辛さに共感し、今の彼女を肯定することでラポールを形成、しっかり口説けばいけるな、と楽勝の予感がした。「踊りに行こう、このクラブの構造教えてよ!」でなんなくセパ。

余りにもスムーズに行きすぎて、気の緩みが出てしまった。「フィリピンに続きまた海外まで来て初っ端から日本人か...タイ人か欧米人を攻略するにはどうしたらいいんだろう?」そんな思いが胸をよぎった。口に出したわけではもちろんないが、態度が変わったことがケリーに伝わったっのだろう。突如友達と合流すると言い出した。「やばい、やっちまった」と挽回策を考える。

戻ったところ、女子A、友人男性、スウェーデン人男性とノルウェー人男性の4人で盛り上がっていた。どうやら女子Aが友人男性に「あの人達イケメンだからナンパしてきて」と指示を出したらしい。実際に金髪碧眼高身長の典型的な北欧イケメン。ウィスキーのボトルがテーブルにはあり、Drinking gameが始まった。ケリーは完全にスウェーデン人にべったりだった。さっきまでの僕への好反応は全くなく、完全に相手にされない。終わった...と惜しみつつその場を離れる。

その後タイ人や欧米人と多少絡むものの、クラブの音量の中では言語の壁を越えられず、大した成果なし。ちょっとだけ和んだタイ人の写真、逆4でタクシーで帰宅のため放流。
image
 
3時を過ぎたあたりから徐々に人が減り初め箱アウト。いわゆるGTでタクシー待ちの子達に逆6?くらいで声かけしてオープン。英語で普通に楽しく会話は出来たが、連れ出せるわけもなく放流。

実はケリーのLINEだけは聞いていた。というより向こうが教えてきた。昨日の結果はどうなったんだろう?と思い翌朝聞いてみると予想通りスウェーデン人に持ち帰られていた。高身長イケメンだけでは飽きたらず、高層マンションの24階に住む金持ちだったらしい。対応を間違えなければ即れたはずなのに・・・一瞬だけすごい病んだ。

●反省
−即だけに固執せず、タイ人の和んだ子の連絡先は確保しておくべきだった。なげやり、といったら大げさであるがまだバンコクに滞在する時間があったのにもったいない。海外即のロマンにだけ執着しすぎていた。

−日本人の子をナンパするか、そのスタンスが明確になっていなかった。外国人に絶対集中するのか、基本外国人だが反応が良ければ日本人でも確実に取り組むのか、どっちつかずの態度が負けを招いた。

−ソロは厳しい、海外のクラブでも戦える仲間と3人以上で行き、グループ同士で和む。その後に連絡先を回収してからの放流、あるいは即を狙っての連れ出し、という戦法が妥当だと感じた。

−情報不足。クラブの閉店時間、タイ人の貞操観念、連れ出し先等の情報をほぼ持っていなかった。ネットである程度の情報は得たが、なかなか大事な情報は見つからず、もし連れ出したとしても場当たりの対応になってしまった。聞ける知り合い、友人がいない状態ではあったが、自信を持ってナンパするためにも確実に情報は押さえておくべきだった。

タイナンパはタオ島のビーチパーティに続きます。
9 8月

タイの夏休み② -クラブ概要 バンコクRoute66-

バンコクのクラブ Route66に行ってきた。
「クラブ バンコク」で検索すればすぐに出てくる、なかなか有名なクラブらしい。せっかくなので自分なりにまとめてみようと思う。ナンパの方は別記事で書きます。

●概要
−場所
RCA Royal City Avenueというとこにある。
近くに電車は通っておらず、基本的にタクシーで行く。RCAと連呼すれば大丈夫。

−料金
色々なブログを読んだが場合によるみたい。僕の場合は300バーツ(1200円)を払って、同額のドリンクチケットをもらい入場。実質タダ。

−作り
かなり大きく、3つの部屋に別れている。1つがバンド、1つがEDM、最後にHiphop/Pops。そして外のスペースがでっかくある。

バンドルーム

EDMルーム

Hiphop/Popsルーム

外のスペース

写真は非常に見づらいので、以下リンクを貼ります。キレイでイメージが伝わる写真。
http://www.route66club.com/gallery/view/43

バンドは生でのライブ。クラブミュージックの生演奏には初めて遭遇し、個人的にはTitniumが流れた際がピークだった。基本的にテーブル制で立って踊ったりはしない。

EDMはガチ。普通のダンスミュージックが流れている。その日はItalian KidzというレジデントのDJだった。音楽はまさに好みで結構楽しかった。音箱へ行く人はここがオススメ。お客さんはガチのクラバーというよりは、普通楽しんでるパーテイーピーポーが中心。

Hiphop/Popsは一番フロアが広いのだが、テーブルがずらーっと並んでおり、朝の3時になってもそのまま。みんな立ちながら、自分のテーブル付近で踊っている。曲は定番どころばっかりで安定した楽しさ。前の方にフリーで踊れるスペースはあるのだがかなり限られている。せっかく音楽も雰囲気もチャラいのに、非常に残念。

−客層
タイ人8割、欧米人、そしてちょっとの日本人、韓国人。男女比は7対3くらいのイメージ。年齢はほぼ20代。可愛いタイ人もちらほらいるが、そこまでスト高は多くない印象。男は日本人の感覚からすると基本的ににダサめ。たまに見かける日本人や韓国人の方がオシャレ。そして白人のイケメンはやっぱりイケメン。グループで来ている男女が多く、女性の2人組はあまりいなかった気がする。

−ナンパ環境
結果はボウズのためえらそうなことは言えませんが結構難しめだと思う。

二人組がいない、男女のグループが多い、ちゃらいフロアではテーブルが邪魔、英語は通じたり通じなかったり。女の子と話そうと思ったら、同じテーブルの男性に防がれることも何度かあった。自分も男女複数のグループで行って、仲良くなり、連絡先交換して、準即狙いの箱だと思う。ソロやコンビでがっつり戦うのはしんどそう。

とはいえ、オシャレ、めっちゃ混んでて、可愛いタイ人も多く、盛り上がり、音楽も色々楽しめるのでクラブとしてはオススメ!!日本では味わえない楽しさなのでおすすめできます。
7 8月

タイの夏休み① −出発にあたり−

こんばんわ、Barneyです。

また旅に出てしまう。何かのタガが外れたように、今年は既に4回の旅が決まっている。既に行ったセブ、今回のタイ、そしてこれからの上海と台湾。元々大の旅行好きだったが、社会人になり余裕がなくなり、また彼女と一緒に時間を過ごしていたが、状況が変わった。今までにこれほどの旅の機会はなかった。

さて、一応ナンパブログなので今回の旅でのナンパついて記したいと思う。(あくまでメインはリゾートでのリフレッシュ、友人との遊び)

ナンパとしてはクラブ、バー、ダイビングのクラスの3つが想定される。

– クラブはどのような雰囲気か全く想像つかない。戦い方もわからない。とりあえず楽しく踊って、即席コンビ組んで、即れそうな子を見つけて、グローバルPUAになれるよう頑張るのみ。

– バーはしっかりとした会話が求められる分クラブより辛いか?ソロだと地蔵しそうだが、逆三でもガンガンいくけるよう頑張ろう。ホステルで相方が見つかれば彼と協力する。せっかくだから仲良くなって、海外のナンパ事情、恋愛事情を聞いてこよう。
- ダイビングのクラスを受けるので、そこでは日本人の女の子と一緒になる可能性がある。適当に仲良くなり、2人で飲めばいい。

と書いてみると基本適当。めっちゃ頑張る気はしない...せっかくの旅なので気負わず楽しみ、貴重な経験が出来たらと思う。そうなると外国人との飲み→バー→クラブ→即が一番楽しそうだな。後はビーチパーティだな、機会あるか知らないけど.


あんまし深く考えず楽しもう。行ってきます。

(めっちゃ風邪気味だけど早く治りますように...)
ギャラリー
  • 台北遠征④ -感想-
  • 台北遠征④ -感想-
  • 台北遠征④ -感想-
  • 台北遠征④ -感想-
  • タイの夏休み③ -クラブナンパ バンコク Route66-
  • タイの夏休み② -クラブ概要 バンコクRoute66-
  • タイの夏休み② -クラブ概要 バンコクRoute66-
  • タイの夏休み② -クラブ概要 バンコクRoute66-
  • タイの夏休み② -クラブ概要 バンコクRoute66-
  • ライブドアブログ