2018年05月18日

ナンパは仕事に良い影響をもたらす

直接的なナンパの記事ではないが、思考の整理のために書く。



私にとっては女遊びそれ自体は目的ではない。

結果も出したいし、楽しみたいけれど、付き合いたい彼女を見つけることが目的だし、仕事にも影響を与えたいと思っている。



ナンパは仕事に役に立たないと言われるが実際のところどうなのか。

仕事を疎かにして女遊びに集中した場合には、役に立たないどころか完全にマイナスである。

ナンパで身につけられる能力があるとは言っても、実際の仕事に直接つながる能力ではない。


一部ではあるが仕事が出来て、女性にモテる人は実際に存在している。

そのような人は「仕事も遊びも全力でやるべき」と遊ぶことを推奨するはずだ。




ナンパに集中して取り組むことは仕事に役立つのであろうか。

昔からモテる人や遊び人ではなく、普通か非モテの人が取り組んだ場合を想定する。





私の考えとしては、ナンパは仕事にも活かせる。間違いない。

大きく2つに大きく分けて考えられる。



1.間接的なスキルの向上

2.思考やマインドの良い変化



間接的なスキルにはルックスとコミュニケーションがある。



1-1 ルックス

仕事においては見た目が決定的な役割を果たすことはないが、容姿は良いにこしたことがない

営業であればお客さんへの信頼度につながるし、社内で考えれば女性からの好感度は上がる。



1-2 コミュニケーション

ナンパと仕事ではコミュニケーションの種類は異なるが、基本的なコミュニケーションの能力は共通するはずだ。



1-2-1 相手のことを理解する

表情、動作、口調から相手の意図を読み取る、ノンバーバルなコミュニケーション能力が磨かれる。

言葉をそのまま受け取るのではなく、その発言の背景や真意を想像することが出来るようになる。



1-2-2 自分の要望を伝える

相手を動かしやすいように、自分の要望を伝えられるようになる。時と場合に応じて適切なメッセージが送れるようになる。

間接的に何かを伝える場合も同様だ。どのような言い方をしたら相手に響くのか、相手の中に残るのか、頭を使って考えることが出来るようになる。





ナンパに取り組むことで、思考とマインドが変化するはず。



2-1 主体性

ナンパは全て自分次第。

声をかけるという行動自体がとても主体的だ。多くの人がやりたいと思っても出来ないことだ。

そして、行動から生まれる全ての結果は自分次第だ。

環境や女性のせいにしては成果を得ることが出来ない。

主体的に行動する習慣が身につく、そして結果を受け入れることが出来るようになる。



2-2 課題の特定と解決

ナンパは課題を特定して、解決していくことの繰り返しだ。

声掛けからゲット後のフォローまで一連の流れが明確に存在している。

絶対の正解はないかもしれないが、先人たちが確立したメソッドはそこらじゅうにある。

成功のためには流れを分解して、自分の課題を特定して、重要性の高い部分から集中して取り組む必要がある。

仕事においても、ナンパにおいても、その他趣味においても全く同じ。ナンパで伸ばした能力は他の分野でも活かされる。



2-3 女性を抱くことによる自信

女性と安定的にセックスをすることで自信を得られる。

新規の女性と関係を持った達成感や、既存の女性と関係を深めることによる安心感は誰もが覚えるものだ。

十分な理解がないためホルモンが生じる具体的なメカニズムをここで書くことは出来ないが、間違いないだろう。

仕事における自信と女性関係の自信は全く異なるが、女性の面で自信を持つことが出来れば、より前向きな気持ちで仕事に取り込むことが出来る。



at 22:12|PermalinkComments(0)所感 

2018年05月11日

ナンパにおける体調管理

ナンパをするにあたっては体調を崩してしまう要因が多く存在している。

アポにおけるお酒、クラブオールによる睡眠不足、ラブホや女性宅で寝ることによる睡眠の質の悪化などだ。

仕事にもナンパ以外の私生活にも悪い影響を与えないため、体調を適切に管理する必要がある。

先日はかなり体調を崩してしまっていた。

体調を崩す恐れがあるとわかっていても、どうしても無理をしてしまっていた。

今後のために、改めて気をつけるべきことを記載する。



●オールはしない

体調を崩す一番のきっかけはオールだ。しかもお酒を大量に飲む場合だ。

過去を振り返ると、二晩連続でオールをした場合にはまず体調を崩していた。

旅行先などでオールをする場面はあるかもしれない。

そのような場合でも、2時や3時で切り上げて朝方まで粘ることはしない、深酒をしない、という点は絶対に守らなければいけない。



●深酒はしない

お酒を飲みすぎるのも体調を崩すきっかけだ。基本的には3杯に留めるべき。飲んだ場合でも5杯だ。

これが私にとっての適量だと思う。2杯目以降は必ずお冷を合わせて頼むようにする。

量を押さえ水を挟むことを守れば深酔いは避けられるはずだ。



●平日のナンパでは無理をしない

仕事終わりにゲット出来ることがあった。

どうしても目の前の女性に集中をしてしまうため、時間が過ぎ去っていく。

無事に帰宅することは出来たが、睡眠不足は否めなかった。

興奮状態を引きずっているため、寝付くまでにどうしても時間がかかってしまった。



基本的に平日の活動では無理をしない方がよい。連絡先を聞く、軽く1杯だけ飲みにいく、という程度に留めておくべき。

チャンスがあった場合には仕方ないだろう。翌日の状況等を見て、いける時はいく。


at 19:48|PermalinkComments(0)所感 

2018年05月05日

GWのナンパ

ストナンばかりをしていたGWになった。新しい取り組みにチャレンジ出来たので良かった。

全く結果が出ないことを懸念してはいたが、ストで無事2件ゲットすることが出来た。
安定的に連絡先を聞くことも出来たし、連れ出しも何回かあった。


ストからのゲット

1件目は終電間際に改札前で声掛け。そこで和んだのは数分。終電までの時間制限でバーへ。

終電を意識させないように場を出来るだけ盛り上げる。話させる。共感しつつもいじる。

後半からはじっくりと話を聞いていたら仕上がる。そのままホテルへ誘導。



2件目はスト。車道に出て歩いており危なそうだったので、それをきっかけに会話を開始。

ある程度お互いの情報を交換したところでUに不慣れなことがわかった。

探しているお店があるようだったのでそこまで誘導。

連れ出しをスムーズにするために、バーやレストランについて会話をしていたら反応が良かった。そのままの流れでバーへ。

彼氏とは長く続いているが、セックスにだいぶ問題があるらしい。

自分からそこまで性的な話を持ち出す子にはあまり会ったことがないため、楽しく話を聞いていた。

「いますぐ手術を受けることを勧めるべきだ」と伝えておいたがどうなることか。

会話の中では彼女を尊重し、自分が好意を持っていることを伝える。

ホテル前では多少のグダはあったが、適当に受け流していたらあとは問題がなかった。



未だに何が勝因なのかよくわかっていない。上手くいく時は上手くいく。

何か特別なことを意識しているわけではない。自然に楽しく会話をしていれば結果がついてくる時がある。



ナンパは技術なのか?トークの精度なのか?ただの場慣れなのか?ルックスが刺さっているのか?

失敗した時の振り返りと改善は出来る。自分なりにポイントを明らかにすることは出来る。

ただ、成功した時の要因をどう分析するのか?特定の「何か」があるから成功するわけではない。

無数の要素の組み合わせでしかないはずだ。

ただ、カギとなるトークやタイミング、切り返し、打診方法等はあるはずだ。

自分の行動を客観視して、重要なポイントを押さえられるようにする。



アポ

アポも1件組んでいたが負け。以前にUで声をかけた子。

1件目の会話の中で固くて面倒なタイプとわかった。時間をかけて和みを深めようと思ったが失敗。

会話の流れを取られてしまい、向こうが楽しく話をするばかり。

時間が経つにつれて仲良くなり、食いつきは上がるが、ゲットするために必要な食いつきではない。

深い話にも持っていくことは出来たが、価値観の共有やセックスのハードル下げ等はうまくいかず。

酒の力に頼ろうとしてしまい、お互いかなり酔ってしまいグダグダの流れに。

流れを作ろうとしたが、相手が手強くて全然敵わない。


エネルギーのある子を相手にしても主導権は渡さない。女性としてはとても魅力的だとは思うが。

相手に気持ちよく話をしてもらっても、会話のテーマはこちらが握る。

折に触れて価値観を伝える。最終的なゴールに向けた布石を打つ。相手に自然と意識させる。

改めて課題を感じることになった。

at 08:00|PermalinkComments(0)ナンパ